スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サングレ ムーチョ・・・。

2010/06/03 (木)  カテゴリー/日常の出来事

ローランギャロスが始まってから家事がおろそかになっていて、冷蔵庫が空っぽだったので買い出しへ行った帰りに遭遇した事件です・・・。

久しぶりに買い物へ行ったので、買い物リストは長ーくなっていて、車の中は買ったもので溢れていました。
帰り道、曲がり角を曲がったら後は田舎の1本道、うちまで一直線のところまで来ると前方に白いものが見えました。
よく見るとなんとなく動いているので、「犬かしら??」と思っていると、なんと人が倒れていました!!!!

その道を反対の方へ1kmくらい行くと修道院があるのですが、多分そこのシスターだと思われる70代くらいの女の人が四つん這いになって立ち上がろうとしている様子・・・。
ビックリして車を停めてそばに行くと、眉間から大量出血しているではありませんか!!
手に眼鏡を持っていたのですが、どうも転んだ時に顔を打って、眼鏡のブリッジ部分で眉間を傷つけたみたいでした

「転んだんですか?」と聞くとそれらしく答えを言っているようなのですが、どうもしっくりと理解出来きません
立ち上がるのもままならない様子だったので、抱え起こして車に乗ってもらいました。
持っていたティッシュを渡しますが、傷がかなり深いのか血が止まらずにダラダラと顔から首筋を伝って衣替えを終えたばかりの白い修道服が真っ赤に染まってゆきます・・・

その状況にかなり動揺した私・・・。
どこに行ったらいいのか全く分からなくなってしまい、とりあえず人の居るところに行かなくちゃ!と思って、家の前を通り過ぎて、ダンナさんが最近地元のお友達とよく集まっているカフェへ行きました。

その間にもシスターは何かをいろいろ喋っているのですが、ますます言っていることが理解できない私・・・
でもシスターのある言葉で訳が分かりました

「サングレ ムーチョ」

スペイン語だ!!
サングレ=血、ムーチョ=たくさんの
「たくさん血が出てるわ」って言ってるんだ!!

そんなこんなでカフェに着くと、ダンナさんのお友達がひとりカフェに居ました。
助かった!!これほど彼に会えたことが嬉しいと思ったことはありません(笑)
すぐに状況を説明すると、カフェのお姉さんも一緒に車まで来てくれて血に染まったシスターを見た途端「すぐにお医者さんに行った方がいいわね」という結論になり、近所のお医者さんに飛び込むことに。

お医者さんがガーゼで止血を試みますがなかなか血は止まらずに、血圧を測ったり聴診器を当てたりしていましたが、話しかけてもスペイン語でしか答えないシスター、(フランス語は理解できるみたいだけど、話すことは出来ないみたい)どこの誰かも分からない患者なのでお医者さんはポンピエ(消防署管轄の救急車)に連絡して、シスターを救急病院へ連れて行ってもらうように手配しています。

私はどうしたらいいんだろう??と思いましたが、ポンピエに連絡した後お医者さんはシスターのことは放ったらかしなので、ひとりで処置室に寝かされていたら不安だろうからと思って、シスターのそばで分からないスペイン語に相槌を打っていました・・・。

またもや「サングレ ムーチョ」と何度も繰り返すシスター。
自分でもこれほどの出血に驚いているのでしょう、意識はハッキリしているようですが、手足は震えており動揺が伝わってきたので、多分理解できているであろうフランス語で「もう心配ないですよ、ポンピエが来て病院へ連れて行ってくれますから」と同じセリフを繰り返すだけの私。
でも多分言葉は理解できていなくても状況は理解できていたのでしょう、少しずつ落ち着きを取り戻している様子だったので一安心

救急車が来て、救急隊の人がどこの修道院に住んでいるのかとか何歳なのかとか名前はとかの質問にもちゃんと答えられていて、治療を受けた後きちんと誰かに迎えに来てもらえそうだったので私の役目はここで終わりとなりました
救急隊の人に「ありがとうございました、マダム」と言われて走り去る救急車を見送っていると、さっきのカフェにいたダンナさんのお友達に呼ばれてカフェへ。
「何か飲みなと言われて気付いたけど、のどカラカラでした(笑)

普段はアペロで疲れさせられることが多いダンナさんのお友達ですが、仲良くしておいてよかった・・・と心の底から思いました(笑)
ダンナさんには後で「なんで直接お医者さんに連れて行かなかったんだ?」と言われましたが、あの状況でひとりきり、周りには民家は一軒もなく、目の前には大量出血しているシスター、そんなに冷静に判断できるかー!と反論しておきました(笑)
でもよく考えたらお医者さんに直接行くのが普通なのかもしれないけどね・・・(笑)

というわけで、今日は非日常的な体験をした日でした・・・。





今日もクリックお願いしま~す!
     
FC2 Blog Ranking
     e_03.gif    
     人気blogランキング
     




この記事へのコメント

あわわわー 手に汗握る出来事でしたね。
日本だったら人命救助ということで、警察か消防から表彰ものですよ!!
馴染みのカフェに知り合いがいたのもラッキーだったと思います。

きっとminetteさんもドキドキがしばらく治まらなかったことと思います。。。
お疲れ様でした!!!

ぱるみえ | URL | 2010/06/05 (土) 22:15 [編集]

いつもコメントありがとうございま~す!

v-343ぱるみえさん

そうなんです、冷静に考えたら直接お医者さんに行くか救急車を呼ぶことを思いつくはずなのに、言葉も通じなかったせいかかなり動揺しました。

とにかくフランス人と話してもらわなきゃ!と思って思い浮かんだのが地元のカフェ・・・(笑)

まぁ、経緯はどうであれ無事に救急車に乗せてもらえるまでお手伝いできたのでよかったです。
命に別状があるような怪我じゃなかったので多少時間がかかっても大丈夫でしたが、もしこれがもっと重症の人だったら・・・?と思うとまたドキドキしますが・・・(-_-;)

minette | URL | 2010/06/06 (日) 13:56 [編集]

救命救急24時みたいな話ですな(汗

僕だったら・・・
たぶん何もできずにあたふたしてたとおもいます(汗
大声で叫んでみたりとか・・・(泣
でも無事でよかったですねシスター
すごいですね、minetteさんのおかげですな
その状況でスペイン語と判断できたのもすばらしい

僕なんかこのタイトル見て・・・

今日は何の料理かなぁ~♪ って・・・(涙


チャコ | URL | 2010/06/07 (月) 19:12

いつもコメントありがとうございま~す!

v-343チャコさん

すぐに救急車を呼べたらもっと事は簡単だったのでしょうが、救急に電話して状況を説明することは普段のフランス語力でも怪しいのに、あの動揺の中ではイタズラと思われてしまいそうで、しかも場所を的確に説明するのも難しかったので、とにかくフランス人と話してもらわなきゃ!って感じでかなり焦っていました・・・。

スペイン語は・・・(笑)
実は、ダリダの「ベサメ・ムーチョ」って曲(知ってます?)を聞いてる時にダンナさんにスペイン語で「ムーチョ」は「たくさんの」っていう意味だよって教えてもらったのを覚えていたからなんです(笑)
「サングレ」はフランス語とだいたい同じでしょう?
だから理解できたのです(笑)
ムダな知識も時には役に立つものですな・・・(笑)

minette | URL | 2010/06/07 (月) 21:34 [編集]

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。