スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Clairette de Die博物館・・・。

2009/05/03 (日)  カテゴリー/無計画日帰り旅行

日本ではゴールデンウィーク真っ只中ですが、フランスも5月は1年で一番連休が多い月です。
フランスでは祝日が日曜日でも振り替え休日にならないので、その年によって連休にならないこともありますが、今年は金曜日の祝日が2回、木曜日が1回なので、ほとんど毎週連休です・・・。

そんな最初の連休の日曜日。
先週とは打って変わって快晴でした。
陽気が良くなってくると楽しい「無計画日帰り旅行」、今週もお出かけしてみました

いつものように、ランチが済んでから思い立ったので、あまり遠出はできないねと話し合って、わりと近場に行くことに。
義母の実家があった「Die(ディ)」という街へ行くことにしました。
ダンナさんの祖父母が住んでいた街、今でも親戚がDie近郊に暮らしているので、時々遊びに行くところです。
このDieという街、とっても小さい街なんですが、とっても有名なものがあります。
ワイン好きな方は知っているかもしれませんが、Dieで造られた発泡酒がとっても有名なんです

地元なので、スーパーなどでも買えるこの発泡酒、名前を「Clairette de Die(クレレット・ドゥ・ディ)」といいます。
「Clairette(クレレット)」というのはぶどうさとと-ぶどうの品種のことです。
口当たりが良く、ほどよい甘さで私もしょっちゅう飲んでいます(笑)

そんな有名なクレレット、もちろんここで造られていることも知っていましたが、Dieへ向かう途中の道でふと「Musé(ミュゼ)(博物館)」という文字を見て、「何のミュゼ?」と私が聞いたことから、今回の訪問がかないました

過去何回も前を通り過ぎているのに、いつも素通りしていた博物館。
実はダンナさんも始めてだったようです(笑)
日曜日だったせいか、田舎道にある博物館だからか人気もまばらな博物館、見学したいんですけど?と中に入ると係りのおじさんが博物館の電気を付けてくれました(笑)
製造工程01 製造工程02
製造工程03 ぶどうをつぶす機械?
今はもちろん違うと思いますが、昔の製造工程を蝋人形を使って再現してあり、多分、当時使っていた機械も展示されているました。

ラベル
昔のラベルも飾られています。

ミニチュア
昔の製造工場のミニチュアもあり、つい夢中で見ちゃいました。
でも近づき過ぎて、触ってしまうとけっこう激しく警報機がなります(笑)
ダンナさん、2回警報機鳴らしておりました(笑)

15リットル
一番左のボトル、15リットルのボトルです。
普通のボトル20本分
さすがにスーパーではお見かけしませんね・・・(笑)

グラス
そして、これは博物館じゃない別のカーヴで見たこれまた大きなグラス・・・
どうやって飲むんだろ?(笑)

博物館では、見学の後でクレレットの試飲もさせてくれるので、運転手のダンナさんには悪いけど、私だけ試飲させてもらいました
一口にクレレットといっても、けっこう種類があり、4種類ぐらい飲ませてもらって、一番美味しかったのをお買い上げしました
聞けば、クレレットは生産本数がそんなに多くないので、90%はヨーロッパ内で消費されるんだとか。
日本でも飲めるのかな?と思ってネットで調べてみたところ、専門輸入販売業者さんなどで買えることは買えるみたいです。
でもやはり輸入ワイン、1本3千円~6千円くらいの値段がついていました。
地元のスーパーでは1本千円前後で買えるクレレット、日本で飲もうと思うと高いんだなぁ・・・。





今日もクリックお願いしま~す!
     
FC2 Blog Ranking
     e_03.gif    
     人気blogランキング
     

この記事へのコメント

今度飲んでみますクレレット♪
発泡酒(vin mousseですか?)で1000円前後はお手頃お値段ですね
1番美味しかったのはやっぱりBrutですか?
また教えてください (笑

チャコ | URL | 2009/05/08 (金) 15:12

いつもコメントありがとうございま~す!

v-343チャコさん

うちの辺りでは当たり前に買えるんですけど、ルマンでも多分買えるはず・・・と思います。

発泡酒の定義ってなんだか難しいじゃないですか?
シャンパンは限定地域で造られたものしかシャンパンて呼んじゃいけないじゃないですか?
クレレットもそれと同じみたいで、vin mousseとは言わずにclairette de Dieと呼ぶみたいです。

ちなみにスーパーでは6~8ユーロくらいで売っていて、Brutもそれはそれで美味しいですけど、トラディションというのが少し甘みがあって口当たりが良く、一番たくさん造られているみたいで、売り場でもトラディションが一番多く置いてあります。
ぜひ探してみてくださいね☆

minette | URL | 2009/05/08 (金) 21:57 [編集]

飲みたいです!

はじめまして!
ミッキーと申します。

さっきテレビ(日本)で、ディーのスパークリングをしていてすごく飲みたくなりこちらのブログに来ました!

クレレットというと淡い赤のイメージが強かったので勉強になりました。
なかなか海外には出回らないとテレビでも言っていました。。。

「クレマン」もいいけど、伝統的な「トラディション」を奨めているようでとても興味をそそられました。今度見つけたら買ってみようと思っています。

ではまた遊びに来ますねv-272

ミッキー | URL | 2010/04/01 (木) 14:07

コメントありがとうございま~す!

v-343ミッキーさん

ご訪問&コメントありがとうございます!

へぇ!テレビに出てたんですか!けっこう有名なんですねぇ(笑)
あまりにも地元過ぎてなんだか不思議です・・・。

生産本数が少ないうえに、ほとんどをヨーロッパ内で消費してしまうようなので、日本でも買えるけどやっぱりちょっと高いみたいですね。
でも、シャンパンに比べたらまだまだ安価だと思うので、見つけたらぜひお試しを。
トラディションは甘みがあってアペリティフやデザートの時に飲むのが一般的みたいです。

また遊びに来てくださいね(^^)/~~~

minette | URL | 2010/04/01 (木) 23:45 [編集]

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。