スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Grottes de Choranche・・・。

2006/11/04 (土)  カテゴリー/おでかけ

Grottes de Choranche(Chorancheの洞窟)という所に行ってきました。
私の住んでいる地方は「Dauphiné」といい、この辺りには「Vercors」という名前の山があります。

普段、家の前から毎日見える山「Vercors」・・・。
写真奥に見える山がそうです。
そこにこんな洞窟が存在していたとは、知りませんでした・・・。

ふとしたきっかけで、この存在を知り、「行ってみたい!」とダンナさんに言ったら、あっさり連れて行ってくれました・・・。
この地方に住んでいる子供達は、遠足(←ってフランスでも言うのかな?)で、必ずといっていいほど、ここを訪れるらしく、ダンナさんも子供の頃に来たよって言ってました。

険しい岩肌の山道を車で登っていくと、入口があります。
この辺は自然公園として保護されているらしく、洞窟を見学する際は入場料がいります。(大人料金7.70euro)

なんと700万年前(!)くらいからここに存在するこの洞窟・・・。
保護地区に指定されているので、勝手に入って見て回ってはいけません。必ずガイドさんが付いて決まった時間に中に入ります。
ガイドはフランス語と英語でしてくれますが、その他の言語に関しては(日本語・中国語・ドイツ語等・・・)説明が記載された紙をくれます。

入口から300m程遊歩道のような山道を歩くといよいよ洞窟の入口・・・。
ガイドさんが中に入る前に注意をいろいろ言います。写真は撮ってもいいけど、ここではダメという所もあるので、話をよく聞いてくださいねとか、氷の柱には触らないでくださいねとか・・・

まず入口から中に入ると・・・寒っ!!
それもそのはず、洞窟内は1年中10度という気温を保っているそうです。

雨が少しずつ浄化され、垂れてきた水は湖のように溜まり、20061104174504.jpg
浄化されているので、透明度は抜群!浅いところは数センチですが、深いところは8~9mくらいあるそうで、落ちたら大変・・・!それでなくても足元は滑りやすくて踵の高い靴を履いていってしまったから歩きにくいこと・・・
深さも日によって違いがあり、雨が多い時期にはやっぱり水かさも増えるそうです。

そして、何万年もかけてできた自然の柱・・・20061104163019.jpg
「つらら」ではありません。成分はカルキだそうです。(100年で数センチしかできないそうです。)

そして、写真は撮っちゃダメと言われたので、写真はありませんが、洞窟にしか存在しない謎の生き物もいるんです・・・。
詳しくは公式サイトへ(公式サイトには写真があります)
残念ながら、この洞窟で発見されたのではないそうですが、目は退化していて、太陽の光も届かない所に生息するので体の色は真っ白で、不思議な生き物でした・・・。

地球の心臓部を見た気がして、楽しかったですが、なにせ中は寒いので、もし行かれる方は夏でも上着を持っていくことをおすすめします・・・。(私は途中でお腹が痛くなりました・・・






クリックお願いしま~す!
   
FC2 Blog Ranking
   e_03.gif    
   人気blogランキング
   

この記事へのコメント

すごいですね!
自然の神秘ですね。

日本の鍾乳洞とはまた違いますね。
水質や地質の違いかな??

公式サイト見ました。
あの白いトカゲみたいな生き物はなんなんでしょ?
すこしブキミ。。。

ここの洞窟に行くといつも見られるのでしょうか?

massa | URL | 2006/11/05 (日) 01:59 [編集]

昔、日本で鍾乳洞へ行ったことがありますが、
真夏でも肌寒かったことを思い出します。

私も公式サイト見ました!
気持ち悪いです・・・。
でも不思議ですねぇ。洞窟にしか存在しないなんて。

ゆう | URL | 2006/11/05 (日) 09:47

いつもコメントありがとうございま~す!

v-343massaさん

ホント、地球って私達の知らない顔をたくさん持っているんだなぁ・・・って感じでした。
見学できるポイントまでは普通に立って歩いていけるんですけど、ここから先は地質学者の領域ってガイドさんが言っていた先には(もう立って歩ける状態ではありません)まだまだ洞窟が続いていました。

あの不思議な生き物は、サンショウウオの仲間だそうです。(サラマンダーって言っていました・・・。伝説上の生き物(火トカゲ・火の精)という意味もあるので、火とは無縁の場所ですが、不思議な生き物という意味もこめられているのかもしれません・・・。)
ちゃんと水槽に入っていたので、行けばいつでも見られると思いますよ。(残念ながらその辺を泳いでいるわけではありませんでした・・・(笑))

とにかく、洞窟内は光に弱いらしく、ガイドさんが付いて中に入ると、見せてくれるポイントごとに電気を付け、終わると消しての繰り返しで、ノロノロしてると電気消されて大変なことになります・・・(笑)


v-343ゆうさん

やっぱり山の中で太陽の光の届かない所だから、いつもひんやりしているんでしょうね・・・。

あの生き物・・・。実際見るとそう気持ち悪くもないですよ?(笑)
深海生物のように、やはりそこでしか生きられない生き物なんでしょうね・・・。
普段だいたい真っ暗の中にいるので、見学者がきて回りが明るくなると、何かを感じるのか、なんとなく動いてくれて、ますます不思議な感じでした・・・(笑)

minette | URL | 2006/11/05 (日) 13:01 [編集]

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。