スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TINTIN祭り・・・。

2008/09/27 (土)  カテゴリー/不思議の国フランス

私の住んでいる隣の街に、世界中にファンがいる「TINTIN友の会」(←私が勝手に命名(笑))があります。
この友の会、1年に1度、街をあげてタンタン祭りをするのです。

去年も行きましたが、今年も・・・(笑)
毎年、テーマがあるようで、今年は「TINTIN en Amerique(タンタン、アメリカへ行く)」でした。
amerique.jpg

街の入り口の橋を渡ると早速こんな風景が・・・
集落風景

かと思うと、時々インディアンまで・・・(笑)
インディアン

イベント会場になっている場所には、タンタンに関する展示品がたくさんありました。
これは多分、タンタンの機関紙かな?と思います。
クラシックタンタン

でも・・・去年の方がなんか盛り上がってたかも?って感じでした(笑)
今年はアメリカ(1930年代)がテーマなので、インディアン関連のものもけっこうたくさん展示されていて、イベント会場にはタンタンのものよりも、そっちの方が多いのでは?って感じで、タンタンを楽しみにしていた私は「タンタンじゃないじゃん」と文句タラタラ・・・(笑)

最後に回ったドキュメンタリー映像を流している会場で、タンタンに登場するロケットの製作風景の記録映像を見られたのは満足でしたが・・・。
というのも、このロケット、うちの近くのロンポアン(ロータリー)にあって、ほとんど毎日見ているうちに大好きになってしまったので・・・。
ロンポアン

今はロンポアンにありますが、作られた当初はこの街の市役所の前に置かれていて、「なんであんなのがここに?!」と思っていたのを覚えています(笑)
確か、2003年くらいだったと思うのですが、その頃は私はまだダンナさんとは遠距離恋愛、1年に何回かフランスに来ていたので、タンタン祭りのことも全く知らない頃でした
なので、突然ロケットが市役所の前に現れて、次に来た時にはロンポアンに移されていたのです(笑)
ロケット

だけど、このロケット・・・
どうも近々、ロンポアンから撤去されるようなのです・・・
ダンナさんがニュースで見たと言っていたのですが、タンタンの作者はベルギー人でベルギーの政府がタンタンの著作権かなにかの権利を主張し、ここにタンタンのロケットを置かないでほしいと言っているそうなのです。
詳しくは分かりませんが、ちょっとモメている感じなので、もしかするともう見られなくなっちゃうのかな?と悲しい気分なのでした・・・






クリックお願いしま~す!
   
FC2 Blog Ranking
   e_03.gif    
   人気blogランキング
   

この記事へのコメント

もう去年のお祭りから1年経ったんですね、早いなぁ。
今年も行けなかったわ・涙。っていうか、お祭りのことすら全然覚えてなかった…
毎年9月末に行なわれるのですか?いつか絶対行きたいわ!

ミルー | URL | 2008/10/01 (水) 07:58 [編集]

いつもコメントありがとうございま~す!

v-343ミルーさん

ほんと1年、あっという間ですね(笑)
でも今年はイマイチ盛り上がりに欠けていた気がするので、今年じゃなくてよかったかもしれません・・・(笑)

そうですね、毎年9月末だと思います。去年もそうだったし。
来年はもっと盛り上がるといいけど・・・。
いつか一緒に行きましょう~♪

minette | URL | 2008/10/01 (水) 11:40 [編集]

入りたい・・・

タンタン友の会・・・
いいなぁ、うちの街にもないかなぁ?(笑
盛り上がりに欠けたのはもしかしたら"アメリカ"がテーマだったからじゃ・・・
街中で1つのイベントするのは楽しいですよね♪

チャコ | URL | 2008/10/01 (水) 23:10

いつもコメントありがとうございま~す!

v-343チャコさん

私も入りたいんです、友の会(笑)
でもどうやって入会するのか不明・・・(笑)

アメリカがテーマだから、盛り上がりに欠けたのかも?(笑)って私も実は思ってました(爆)
この街にはほとんど毎朝パンを買いに行くんですけど、アメリカの国旗がいっぱいハタハタしていて変な気分でした・・・(-_-;)

minette | URL | 2008/10/02 (木) 00:10 [編集]

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。