スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Les Journées Européennes du Patrimoine・・・。

2008/09/21 (日)  カテゴリー/不思議の国フランス

1年に1度、フランス(ヨーロッパ?)では、普段一般公開しない重要文化財の公開をする日があります
この週末がその日でした

Parisでは、大統領官邸のエリゼ宮なども見せてもらえるとあって、希望者が長蛇の列なんだろうなと思いますが、うちの地元ではどこも並ぶこともなく・・・(笑)

地元の博物館やテアトル(劇場)などが無料で公開されていました。
(こちらは、お金を払えば普段も中に入れる場所ですけど・・・(笑))
でも一言で博物館、劇場といっても建物自体が文化財に指定されていて、今日は催しや演劇じゃなく建物を見るために集まった人でいっぱいでした。

まずは博物館・・・。
18世紀の床
時間帯によって、ガイドさんが付いてくれるのですが、私達が入った時ちょうどスタートしたツアーのガイドさんは、木材専門のガイドさんで、床に使われている木材の説明をたくさんしていました。
この建物は建てられた当初は、この建物の横に隣接されている教会に関連して使われていたものだったそうです。
上の写真の六角形の部分は、18世紀当時のものがそのまま保存されています
周りの部分は20世紀に入ってから修復されたそうですが、当時のままに復元したということ。
寄せ木張りの床、当時のヴェルサイユ宮殿の床と全く同じデザイン・大きさで作ったということです。

ゴージャスなドア イギリスとフランス
教会関係の建物とは思えない感じのゴージャスなドアも・・・(笑)
ここはチャペルだったそうです。
その部屋の床は、なんとも変な感じで、3分の1くらいが単純な板張りでその他が四角の寄せ木張り。
左側はイギリス風で右側はフランス風なんだそうです。

次に行ったのはテアトル(劇場)
テラス席
昔、1度だけ演劇を観に行ったことがあるのですが、その時は1階の席だったので、こんなキレイなテラス席があることに気づいていませんでした
パリのオペラ座には全然敵わないだろうけど・・・(笑)

天井
上手に撮れなかったけど、劇場の天井もキレイでした。

その次は、重要文化財の建物。
重要文化財の門
これこそ、本当に一般公開されていないところで、ダンナさんも初めて見たと言っていました。
フランスで最も美しい門のうちのひとつに選ばれているというこの門ですが、非常に柔らかい石で作られているために損傷が激しくて、保存することが困難だそう
これはもちろん本物ですが、このまま保存が可能な時間には限りがあり、これが失われてしまった後はレプリカを見るしか方法がないそうです
近くで見るとものすごく細かくいろんな模様が刻まれて、作られた当初は本当にキレイな門だったんだろうなと想像できます。今ではあちこちが欠けてしまい、人物の鼻がなくなっていたり手がなかったりとなんとなく悲しい雰囲気だったりします・・・。

普段は見ることが出来ない文化財をこうやって一般公開するところもフランスっぽくていいなと思えた1日でした・・・






クリックお願いしま~す!
   
FC2 Blog Ranking
   e_03.gif    
   人気blogランキング
   

この記事へのコメント

いいなぁ~

良い1日を過ごされたんですね
うらやましい(笑
僕も建物見るのは大好きです
特に石でできたもの、何百年も前にどうやってこんなにまっすぐ高く積み上げたのか、そしてアーチの部分や飾りの掘ってある部分、天井もちょっと球状になっていて素敵ですよね

いいなぁ
僕も行きたかったな~(泣

ちなみに今週末ルマンは24時間耐久"トラック"レースでした(笑

チャコ | URL | 2008/09/21 (日) 20:10

いつもコメントありがとうございま~す!

v-343チャコさん

ここに住み始めて3回目のPatrimoineだったんですけど、今年は初めて行けました(笑)(いつも忘れてしまって・・・)
Patrimoineは毎年、フランスの各都市で行われるので、ルマンの重要文化財も公開されていたんだと思います。
その街によって公開されるものが違うので、どんなものが公開されていたのか分かりませんが・・・(笑)
来年はぜひ行ってみてください。

minette | URL | 2008/09/21 (日) 22:48 [編集]

minetteさん、こんにちは♪

めったに拝見することのできない場所への
訪問・・・とっても素敵&立派な場所ですね。
こんな貴重な場所へ訪れられた
minetteさんが羨ましいです(^▽^)

重要文化財に指定されていた
フランスで最も美しい門の一つ。
お写真を拝見しましたが、とっても
手の込んだ芸術作品ですよね。
柔らかい石でできているので、維持が大変だとのこと。
何とか維持できる方法があればいいのになぁ・・・。

TMK1611 | URL | 2008/09/23 (火) 10:48

いつもコメントありがとうございま~す!

v-343TMK1611さん

一般公開していないところを無料で公開する日があるっていうのは知ってたんですけど、いつもいつだか分からず過ぎてしまっていたので、この週末は気付いてよかったです(笑)

そうやって市民に身近に芸術(?)を感じさせてくれるのもフランスっぽいなぁと思います。

ほんと、この門、すごーく細かいところまで彫刻が施してあって、素敵なんですけどね。残念です。
当時の建築物は、近くの山から運んだ石がよく使われたようで、その石が柔らかい石だったようです。柔らかいから加工も簡単でいろいろなところに使われたようです。

minette | URL | 2008/09/23 (火) 14:24 [編集]

私は数年前、パリのエリゼ宮の見学をしました。4時間並びましたよ!!
私もフランスに住んで2回目のPatrimoineですが、今年も逃してしまいました。
地元の新聞によると、見学者、参加者の数が記録を更新した!なんて載っていました。
ちなみに、初日の朝、オテルドビルの前で無料で朝食が食べられるというイベントがあったらしいです(笑)
来年こそ!いろいろなところを周りたいです!

ぱるみえ | URL | 2008/09/23 (火) 21:20 [編集]

いつもコメントありがとうございま~す!

v-343ぱるみえさん

エリゼ宮、見学されたんですね~!羨ましいけど、4時間ですかぁ・・・(-_-;)
やっぱりみんな見てみたいんですね(笑)

いつもいつだか分からないまま過ぎてしまうんですけど、来年もまたいろいろ見て周りたいなと思います。
朝食のイベントにも参加したいです(笑)

minette | URL | 2008/09/24 (水) 12:50 [編集]

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。